じゃじゃ丸の大冒険 ループ検証

 

ファミコンの『じゃじゃ丸の大冒険』はボスのナマズ太夫を倒し、

ゲームの最終目的であるさくら姫を救出した後も

何事もなかったかのようにゲームが続行します。

一体どこまでステージがあるのか調べてみました。

 

ゲーム概要はこちら

 

まず10面でナマズ太夫を倒し、11面に行きます。

11面に出現する敵や地形は1面とは異なるので、まだ1周目を抜けていないということになります。

 

11面以降も偶数ステージは中ボスとの対決ステージです。

12面に出現する中ボスは2面と同じ敵ですが、2匹に増えています。

その後も偶数ステージには中ボスが2匹ずつ出現します。

そういえば前作『忍者じゃじゃ丸くん』でもステージが進むたびにボスの数が増えていきましたね。

 

そして20面、再びナマズ太夫との戦いです。

ここも2匹に増えるのかなと思ったのですが、出てきたのは1匹だけでした。

強さも10面と比べて変わっていないみたいです。

 

2度目のナマズ太夫を倒し、21面に入ると敵、地形が1面に戻っていました。

つまり1周20ステージ、以降ループということですね。

 

その後もゲームを進行させていき、100面まで到達しました。

これがその画像。

3桁表示は用意されていなかったようで文字化けしています。

内容は今まで通りのナマズ戦です。

 

100面をクリアすると同じように文字化けした101面がスタートします。

恐らくこのまま延々とループし続けるのではないでしょうか。

もしかしたら256面付近で・・・ってこともあるかもしれませんが、

さすがにこれ以上プレイする気になれなかったのでここで終了します。

 

結論  1周20ステージ 以降エンドレス

 

ついでですので、難易度はどこまで上昇するのかも調べてみました。

 

まずは奇数ステージ。

周回が進むたびに敵の出現間隔が狭くなっていきます。

ステージ1,21,41,61,81,101を比較してみました。

するとステージ61,81,101では変化が見られませんでした。

奇数ステージの最高難度は4周目となります。

 

次に中ボス戦。

ステージ2,4,6,8では1匹ずつ登場していた中ボスは

ステージ12,14,16,18では2匹ずつ出現。

以降はずっと2匹ずつで、特に能力には差が無さそうです。

中ボスの最高難度は1周目後半。

 

そしてナマズ太夫戦。

ステージ10と20では変化がなかったナマズ太夫も30面では多少強くなっていました。

それまで一発ずつ投げてきた爆弾を一度に複数発投げてくるようになります。

ただし、30面以降は変化なし。

てことで最高難度は2周目。

 

このゲームでは敵を倒すと魂が出現し、それを取ると得点になります。

これもステージが進むと点数が変化していきます。

最初は200点、5面からは300点、9面から400点、13面で500点というように

4ステージ毎に100点ずつアップしていきます。

が、17面で600点になってからは変化せず。

魂の得点は1周で最高値になります。

 

結論  最高難度は4周目

 

おまけ

中ボスは1周目後半から変化しませんが、1匹目の虚無僧風の敵は

ステージ毎に投げてくる爆弾の色が変化します。

左の画像が12面、右は22面です。

以降は戦うたびに赤、緑と交互に変化します。

性能差は感じられませんでした。

 

 

攻略&検証メニューへ

レトロゲームメニューへ

TOPへ