マリオブラザーズ ループ検証

 

ファミコンの『マリオブラザーズ』を進めていくと途中でステージがループし始めます。

そのループの仕組み、そして100面を超えたらどうなるのか検証してみました。

 

ゲーム概要はこちら

 

まずは各ステージに出てくる敵の数の一覧です。

 ステージ   カメ   カニ   ハエ    氷  
     
     
ボーナスステージ
     
   
     
   
ボーナスステージ
 
10  
11  
12  
13 ボーナスステージ
14  
15  
16  
17  

 

17面をクリアするとステージ表示は18ですが、内容は13面になります。

以降、13〜17面を繰り返していくことになります。

 

 

これを踏まえて100面まで進めていきました。

これが100面の画像です。

ステージ数は表示しきれず0面になっています。

内容は15面です。

氷も出ます。

 

 

そしてこれが101面です。

このゲームでは1面開始時にファンファーレが鳴りますが、ここでも同様に鳴ります。

しかし内容は16面です。

氷はこの面から出てこなくなります。

確認しましたが、氷は109面から再び出現するようになりました。

恐らくステージ数が1〜8の間は氷が出現しない設定になっているのでしょう。

 

 

ついでにスコアカンストの瞬間です。

ハイスコアが更新されていませんので、表示されていないだけではなく、内容も0に戻っている模様。

このゲームの最小スコアは10点ですのでスコア最大値は999990ということになります。

 


バルトロン ループ検証

『バルトロン』は長い道中を抜け、最後にいるボスを倒すと背景の色と敵の配置が変化した2周目が始まります。
色の変化は何週目まであるのか調べてみました。

 

ゲーム概要はこちら

 

上の段の左から1周目、2周目、下の段の左から3周目、4周目となっています。

結論を言いますと色の変化は4周目までになります。

4周目をクリアすると再び2周目が始まります。

二回目の2周目(実質5周目)をクリアすると3周目が始まります。

恐らく2周目から4周目までを延々と繰り返していくことになると思われます。

 

『バルトロン』ではスクロール方向を逆に進んでいくことができます。
スタート直後に逆へ最高速度で進んでいった場合、どうなるのかついでに調べてみました。

燃料が切れるまで最高速で進みましたが、背景の変化はほとんど無く、同じ背景、同じ敵配置がずっとループしているだけでした。

 


ボンバーマン ループ検証

ボンバーマンは全50面をクリアするとエンディング的なシーンが流れ、2周目が始まります。

 

ゲーム概要はこちら

 

2周目は1周目クリア時の装備のままスタートしますが、ゲーム内容に変化はありませんでした。
ステージ数の表示も1面に戻ります。

念のため2周目をクリアして3周目を見てみましたがこれもまったく同じでした。

何度クリアしても同じステージを繰り返していくだけみたいです。

 

このゲームはステージをクリアするたびに残機が1機増えます。
99機を超えると表示は0機になりますが、表示されていないだけで実際には100機あります。

 


グラディウス ループ検証

グラディウスでは全ステージクリアするとメッセージが表示され、難易度の上がった2周目が始まります。

メッセージは周回ごとに変化していくので確認してみました。

 

ゲーム概要はこちら

 

1周目

2周目

3周目

4周目

5周目

6周目

これらの頭文字を組み合わせるとKONAMIとなります。

このメッセージが表示されている間にクリアボーナス100,000点が入るのですが、6周目では何やらアルファベットが表示されました。

何でも、当時キャンペーンをやっていて、6周目をクリアすると認定書か何かをくれるとかいう話だったそうです。

ちなみに7周目のメッセージは6周目と同じでした。

恐らくそれ以降も変化しないと思われます。

 


ファンタジーゾーン ループ検証

ファンタジーゾーンは全8面をクリアすると難易度の上がった2周目が始まりますが、ゲーム画面に表示されるRD.(ステージ数)が加算されていきます。

桁の上がる100面までプレイしてみました。

 

ゲーム概要はこちら

 

100面(内容は4面)の画像。

ステージ表記は文字化けしてしまいました。

 

スコアは100万台まで表示されますが、ボス戦やステージクリアで画面が切り替わると100万台の数字は消失します。

 


 

攻略&検証メニューへ

レトロゲームメニューへ

TOPへ