RPGプレイ日記

アレサ

ゲームボーイ

レビューはこちら

 

私はこの『アレサシリーズ』について全然知りませんでしたが、3作品も出ているんだから人気のある面白いゲームなんだろうと勝手に判断して購入しました。

これはその一作目です。

 

1日目

ハロハロの町

 

説明書無しだったのでちょっと不安でしたが、とりあえずスタート。

オープニングではストーリーを説明しながらスタッフの名前が表示されます。

結構凝ってますねぇ、映画みたいです。

画面が小さいのに漢字表記だし。

オープニングが終わり、実際に動かせるようになって更に驚きました。

ドット単位、しかも8方向に移動でき、障害物に当たると避けてくれます。

白黒ゲームボーイソフトとは思えないほど良く出来ていますね。

人に近寄ると話し掛けるシステムはちょっと余分だったかな、横を通るだけで意図せず話し掛けてしまい、鬱陶しいです。

 

まずは町で情報収集したあと、お店に寄ってみました。

まだ序盤だというのに値段が高いですねぇ。

万単位の値段がついているものがいくつもあります。

特に「キャンプセット」の2,980,000ペラって、どれだけインフレなんですか。

まぁ、所持金ゼロなので何も買えませんが。

 

町にはキャッシュディスペンサーがありました。

これでお金を借りろっていうことですかね。

ちょっと借金するのには抵抗があったので、何も装備を整えないで外に出てみました。

最初のザコで全滅。当然か。

 

ここでちょっとこのゲームについてネットで調べてみました。

やっぱりお金を借りて買い物をするのが基本みたいでした。

それと重要な情報が一つ。

このゲームはある程度レベルが上がると弱い敵が出てこなくなるため、お金が大変貴重だそうです。

注意する必要がありますね。

 

気を取り直して再スタート。

今度はお金を借りて装備を整えました。

試しに戦闘してみたら、勝つことができました。

戦闘終了後、入手したお金は200ペラ。

少なっ!

こんなはした金ではあの高価なアイテムを買えるのはいつになることか。

そもそも借金を返せるのだろうか?

 

戦闘に勝つことはできましたが、最大HPが10しかないので1回戦っただけで既に瀕死です。

町に戻って宿屋へ行きました。

宿屋では一泊10,000ペラですって。

高っ!

ぼったくりじゃないですか!

どうすればいいんだ。

 

もう一度町で情報を集めてみたら、フロイドに2回話し掛けると体力を回復してくれることが分かりました。

良かった。

このおじいさんが利用できる間(なんだか言葉が悪いですね)、とりあえずここでレベル上げをしておきます。

 

 

2日目

ハロハロの町〜プキの門

 

レベル上げをしていて気付いたのですが、特定の場所へ行くと川の向こう岸へワープしてしまう場所があります。

でも戻り方は分からないし、敵が強くてすぐに全滅してしまいます。

何でしょうかね、これ。

 

ある程度レベルが上がったら本当に敵が出てこなくなりました。

なので先へ進むことにします。

 

門番に話し掛けると「パスポート」が必要だということです。

また、外にいた人からフロイドが主人公を呼んでいたことを聞かされます。

町へ戻り、フロイドと話すと、手紙を見せられ、「カプセル」をくれました。

そしてサリダの町へ行けと指示されました。

「パスポート」は町の店で購入しました。

ゲーム進行に必要なアイテムだというのに高いですねぇ。

 

門番に「パスポート」を見せると、他にも「カプセル」と「ハロハロの羽根」が必要だといわれます。

先に言ってよ。

にしても何でそんなものが必要なんでしょう?

「ハロハロの羽根」を町の子供から貰い、門番に見せるとやっと通ることができました。

アイテムは取られるかと思ったのですが、見せただけでした。

ますますもって何の必要があったのか分かりません。

 

ダンジョンでは再び敵が出てくるようになりましたが、しばらく戦っていたらレベルが上がり、ここでもエンカウントしなくなってしまいました。

また、フィールドでも今までと違う敵が出るようになっていました。

 

ダンジョン内では壁を押すと開いて通れるようになったり宝箱が出てきたりします。

宝箱には5,000ペラとか10,000ペラとか大金が入っていて、今までちまちま戦って稼いだのがバカらしくなりますね。

 

 

3日目

プキの門〜マブーテの地下牢

 

プキの門でボスを倒し、先へ進むと外へ出ました。

そこは前に見つけたワープゾーンから移動した先でした。

次からはワープゾーンを使って簡単に来られますね。

 

敵が出るようになったので、回復のためにハロハロの町に戻ります。

門を通るために必要だった「ハロハロの羽根」を使うと町までワープできます。

何度も使える便利なアイテムです。

 

町の周りにも敵が出るようになっていました。

どうやら新しい場所に行くと外に出現する敵が一新されるみたいですね。

 

次にマブーテの地下牢へ行きます。

特にボス戦も無く、奥で捕らえられていた人を助け出しました。

町に戻ると恋人を助けて欲しいと訴えていた女性から「スモールシールド」を貰えました。

 

 

4日目

ウルウルの砦〜サヤンの砦〜エスペの洞窟

 

今度はウルウルの砦に向かいます。

何故ここへ行かなければならないのかよく分かりませんが、主人公がしきりに行こう行こうと独り言をつぶやくので、行かない訳にはいきません。

ウルウルの砦でボスを倒し、奥にいた女性に話を聞き、次はサヤンの砦に行きます。

 

サヤンの砦で「サヤンの鏡」を入手。

すると独り言が橋を通行止めにしているボスらしき人物トクマンを倒そうに変わります。

しかしトクマンに話し掛けても戦闘にはなりません。

まだやり残したことがありそうです。

 

この場所には他に洞窟が2つあるのでそちらへ行きます。

まずはエスペの洞窟。

一歩踏み入れると真っ暗になって何も見えなくなりますが、「サヤンの鏡」を使えば見えるようになります。

その洞窟の中にいる人は「おにぎり」か「たくあん」を持ってくれば「エスペの水晶」と交換してくれるそうです。

 

そしてブラオの洞窟。

私はこれまで新しい場所へ行ったらすぐにハロハロの町に引き返し、レベル上げをしているのですが、このブラオの洞窟に入ってから出現する敵はなかなか倒せなくて苦労しています。

敵の魔法を受けると攻撃ができなくなるんですよ。

パーティは一人しかいないので、こうなったら逃げるしかありません。

また、回復にはお金がかかるのでロードしてやり直しています。

あと一発で倒せるっていう時に喰らうとかなり腹立たしいものがありますよ。

 

 

5日目

ブラオの洞窟〜サリダの村〜ブラオの洞窟〜エスペの洞窟

 

ブラオの洞窟では老人が一人いるだけで何の進展もありませんでしたが、外に出てトクマンと話したら戦闘になりました。

戦闘に勝ち、橋を渡るとサリダの村に到着。

ここでシビルが仲間になりました。

また、村の子供と1,000ペラ賭けてじゃんけんができるので、セーブ&ロードを繰り返し、200,000ペラほど巻き上げました。

村人の話からブラオの洞窟の老人に「味噌汁」を持っていくと良さそうなので、店で買っていくことにします。

 

老人のところへ「味噌汁」を持っていくと「たくあん」と交換してくれました。

「たくあん」を入手したら今度はエスペの洞窟ですね。

 

エスペの洞窟に入ると入口付近にいた人が「おにぎり」と「エスペの水晶」を交換してもらったと喜んでいます。

奥の人に話し掛けると「たくあん」を交換してくれました。

しかし渡されたのは「エスペの水晶」ではなく「おにぎり」でした。

どうやら全ての水晶を渡してしまったみたいです。

しかたないので先程の人物アランを追いかけます。

アランはアランの砦に帰っていったそうです。

 

アランの砦を探していたら主人公がつぶやきました、珊瑚の洞窟へ行こうと。

ええ?次の目的はアランの砦じゃないの?

これまでもそうでしたが、無理矢理なゲームの進行方法ですね。

 

 

6日目

珊瑚の洞窟〜ドノンの砦〜リパートンの町

 

レベル上げをしようとして気付いたのですが、フロイドが回復してくれなくなりました。

ということはこれからは高い宿代を払っていかないといけないのか。

どこでも回復できるという「キャンプセット」はまだ手の届かない値段だし。

 

珊瑚の洞窟を探索します。

一通り調べた後で中にいた人に話し掛けると、地下に人がいると教えてくれます。

地下に行く道なんて無かったのになぁと思いつつもう一度調べると、先程は壁だった場所に階段が出現していました。

奥の人に話し掛けるとドールという仲間が増え、「フォース(上)」というアイテムが手に入りました。

ドールは魔法が使えるということでしたが、どこにもそんなコマンドはありません。

どうやら魔法は戦闘中にしか使えないみたいですね。

でもまぁ、こまめに回復魔法を使わせれば宿代を気にしなくて済みそうです。

 

独り言によると次の目標はドノンの砦だそうです。

中では「ゾッピーの鱗」というアイテムを見つけました。

 

橋を渡ってリパートンの町へ。

ベン・マルキストという人物から「フォース(中)」を貰いました。

この「フォース」ってアイテムは魔法の書みたいなものなんですね。

初めは何に使うのか分からなかったのですが、(中)を手に入れたら魔法が増えたので気付きました。

 

次はトワールの砦が目的だそうです。

ええ、これも独り言で指示されました。

この人は予知能力者か?

 

 

7日目

トワールの砦〜マピスの洞窟〜トーマスの村

 

トワールの洞窟を探索。

その次にマピスの洞窟へ行きます。

通常は奥へ通してもらえませんが、前に手に入れた「ゾッピーの鱗」を使うとゾッピーという動物に変身でき、その状態で洞窟の中にいる骸骨に話し掛けると奥へ進むことができます。

普通、こういうアイテムって必要になってから探しに行くものなんですけどね。

 

何に使うか分からないアイテム「マピスの光」を入手し、洞窟を抜けると新しい地域に出ました。

一通りまわってみたのですが、この地域は広いですねぇ。

砦や洞窟がいくつもあります。

独り言によると次の目的はジャリオの砦らしいですけど、それがどの建物なのかさっぱり分かりません。

 

この地域に入ってすぐ上の方に進んでいくと、復活の泉があって、その側で「グラディウス」を発見しました。

装備できないので武器ではないみたいですけど、これも一体何に使うんでしょう。

他にも湖の側で「ガラスのリンゴ」を見つけました。

 

とりあえずトーマスの村に寄って今日は終了。

 

 

8日目

ジャリオの砦〜アランの砦〜ラニオンの砦〜アサワの砦

 

ジャリオの砦へ行き、その次はアランの砦です。

しかし肝心のアランは飲んだくれていてまともに取り合ってくれません。

村に戻り「バッカスの酒」を買って渡すと正気を取り戻しました。

話では「エスペの水晶」をほとんど売って酒代にしてしまったそうです。

初めて会った時には分かりませんでしたが、こんなにもダメ人間だったとは。

そして水晶の最後の一つを100,000ペラで売ってくれました。

足元見てますね。

ところでこの水晶、苦労して手に入れましたが、何のために必要なのかさっぱり分かりません。

 

今度はラニオンの砦。

ここはちょっとしたミスをしてハワードから捨てられた砦だそうです。

奥に「わら人形」が欲しいと言う骸骨がいますので、村で買って渡します。

これでハワードを呪い殺すつもりだそうです。

なんと後ろ向きな考えだ。

それにしても「わら人形」が普通に店で売られているこの世界はどうなんだ?

骸骨からは御礼に「ポワゾンの鍵」を貰いました。

 

次はアサワの砦です。

もう独り言に疑問を持つのはやめました。

言われた通りに進めていきます。

ここには触れるとダメージを受ける毒の石が至る所にあります。

奥の人の話によると、この中に「光の石」を落としてしまったので探してほしいということでした。

ダメージを受けながら探していくと左下の方で「光の石」を発見。

それを持ち主に返すと「アサワの水晶」を手に入れました。

 

 

9日目

マロスの洞窟〜イサパの砦〜ジャリオの砦〜ビコールの砦〜ジプニの洞窟〜ゲルボナーラ

 

マロスの洞窟で「イサパの鍵」を入手。

そのまま進むと外に出ました。

地域名はそのままなので新しい地域へ行ったわけではなさそうです。

そこには砦が一つあるだけで行き止まりでした。

また、「ブーメラン」というアイテムが落ちていました。

これも「グラディウス」同様、装備できないので武器ではないみたいです。

 

次の目的地はイサパの砦だそうです。

この行き止まりにある砦じゃないんですね。

ということで引き返します。

 

イサパの砦ではジャリオの砦から誘拐された人が捕まっているそうです。

女性の元へ行くとボスと戦闘になりました。

ボスを倒すと更に次のボスが出現。

それを倒すとまた次のボスが。

一体何匹と戦うんだ。

結局4連続ボス戦があって女性を助け出しました。

 

再びジャリオの砦へ行くと先程助けた女性が「フォース(下)」を渡してくれました。

 

今度はハワードの門を目指すらしいですけど、それがどこにあるのか分かりません。

次の地域へ行っても見つかりません。

仕方ないのでまだ行っていないダンジョンへ行ってみることにします。

 

まずは行き止まりにあったビコールの砦から。

ここには警報付きの宝箱があるだけで特に話に進展は無し。

 

次にジプニの洞窟。

中は狭く、アイテムの買取所がありました。

といってもどんなアイテムでも買い取ってくれるわけではなく、取り扱っているのは特定のものだけみたいです。

 

最後に老人が立ちふさがっている洞窟。

話し掛けると「ゲルボナーラ」を持ってこいと言われます。

「ゲルボナーラ」はどこかの店で売られていた記憶があったので、今まで行った町に戻って調べていったらリパートンの町で発見しました。

洞窟の中に入るとこの洞窟の名前もゲルボナーラだったということに気付きます。

何ですか、ゲルボナーラって。

カルボナーラと似ていますが、何とも不味そうな響き。

中はジプニの洞窟と同様に買取所がありました。

ここで買い取ってくれるのは使い道の分からなかった「ガラスのリンゴ」「グラディウス」「ブーメラン」の3つです。

売ってから後悔しては困るので、念のためこれらのアイテムの情報をネットで調べてみると、どうやらここで売り払うためだけのアイテムだったみたいですね。

かなりの高値で売れました。

 

 

10日目

ルマニの洞窟〜ミロの洞窟〜ハワードの門〜バハラナの町〜メックスの砦〜ルルの洞窟〜アランの砦

 

次の地域へ行くと鍵のかかった扉とルマニの洞窟の入口があります。

ルマニの洞窟は別の場所に通じていて、そこにはミロの洞窟があります。

中を調べると、奥にいた人から「ハワードの鍵」を渡されました。

これが先程の鍵がかかっていた扉を開ける鍵だそうです。

鍵を開けて入ったところが目的地のハワードの門でした。

 

ハワードの門でボスを倒すと遂に生き別れていた兄弟との対面です。

そして彼女を安全な場所へ連れて行くためにドールがパーティを抜けました。

回復役がいなくなりましたが、大丈夫です。

実はお金が貯まったので、あの高価な「キャンプセット」を既に買っておりました。

 

ハワードの門を抜けた先にバハラナの町を発見。

その後、次の目的地メックスの砦に向かいます。

砦では取ってはいけないと人から言われているのにもかかわらず「呪いの宝石」を持ち出してしまいます。

 

その次はルルの洞窟。

ここには水晶の鑑定士が住んでいるそうです。

お金を払って鑑定してもらうとアランから買った「エスペの水晶」が偽物であったことが発覚しました。

あいつっっ!!

 

すぐさまアランの砦へ行き、アランに問いただすと偽者であったことを認めました。

しかも盗人猛々しく本物を更に倍の値段で売りつけようとしてきました。

もはや許せん。

怒った主人公達はアランと戦い、本物の水晶を手に入れることができました。

それにしても戦闘シーンのアランのグラフィックはどういうつもりなんでしょう。

よりによってこんな可愛らしいグラフィックを利用しなくてもいいのに。

 

 

11日目

ゾッピーの家〜メックスの砦〜モスクの町〜ラビルの洞窟〜アキウスの砦〜ポワゾンの砦〜ベルベの砦〜スレムの砦〜リオの洞窟

 

独り言によると次の目的地はラビルの洞窟。

今いる地域にはそんな洞窟はありませんので、多分次の地域ですね。

その前にまだ行っていなかったゾッピーの家に寄ります。

そういえば主人公達はゾッピーに変身したままですけど、いつまで変身していればいいんだ?

 

次の地域へ行くとシビルが突然つぶやきます。

メックスの砦にあった「呪いの宝石」には何の意味も無く、重要なのはその台座だったのではないかと。

というわけで再びメックスの砦へ。

台座を調べると「メックスの水晶」を発見しました。

 

次の地域へ引き返します。

モスクの町へ寄った後、目的のラビルの洞窟へ行きます。

そこには罪人達と老人がいるだけで、特に進展はありません。

外へ出て独り言で次の目的地を確認。

するとまだラビルの洞窟のままでした。

あれ?調べ方が足りなかったのか?

もう一度隈なく調べましたが、結局進展は無し。

独り言もラビルの洞窟のまま。

 

仕方ないので他のダンジョンを先に調べます。

まずはアキウスの砦から。

ここではドールの秘密が聞けます。

そうか、だからこんな名前だったのか。

独り言は変化無し。

 

次にポワゾンの砦で「ポワゾンの呪文」を入手。

独り言は変化無し。

 

ベルベの砦では宝箱を開けようとすると勝手にポワゾンの呪文を唱えます。

持っていなかったらどうなっていたのでしょうか。

帰り道が塞がってしまったので「バハラナの羽根」を使って脱出。

独り言は変化無し。

 

スレムの砦とリオの洞窟も調べましたが、やっぱり独り言はラビルの洞窟のままでした。

何かやり残してきたことがあるのでしょうか。

 

 

12日目

ラビルの洞窟〜ハロハロの町〜スレムの砦〜虹の国〜ミゲルの砦〜キサナドの砦

 

今まで通ってきた道のりでもう一度情報収集することにしました。

ダンジョンまで探索し直すのは面倒なので、とりあえず町とその周辺の人の話を聞いていきます。

ゾッピーに変身したままではまともに話してくれないので、ここでやっと変身を解除します。

 

何やら意味ありげだけど買っていないアイテムなども買っていきました。

買ったのは「美味しい水」「ブロンズの斧」「ジェフの壺」「ゾッピーの心」「ペンタの尻尾」です。

 

勢いよく走っている人に「美味しい水」を渡すと「ブロンズの斧」を持ってラビルの洞窟に行くように指示されました。

ラビルの洞窟で罪人に斧を盗まれ、それをラビルに訴えると、どんな斧だったかを聞かれます。

これは有名なあのお話ですね。

正直に答えると「ラビルの虹」を渡されました。

これってゲーム進行に必要な手順なのにヒントも無くて分かり難いですね。

せめてあの走っている人が水を要求してくればいいのに。

 

外へ出るとフロイドから渡し忘れたものがあるという連絡を受けます。

すぐさまハロハロの町へ戻り、「フロイドの杖」を入手しました。

 

次の目的地はスレムの砦です。

この前行きましたが、一ヶ所通してもらえなかった場所がありました。

そこで「フロイドの杖」を使って姿を消し、奥の捕虜を救出しました。

これでこの地域は完了ですね。

 

次の地域へ向かう前に「ゾッピーの心」が必要という場所に行ってみることにします。

トーマスの村の右上の方へ行き、海上を渡っていきます。

強力な武器防具が入手できました。

 

新しい地域にはナスガママの町があります。

どういうネーミングセンスでしょうね。

この町は店以外が敵兵によって封鎖されていました。

 

目的地のミゲルの砦では兵士がいて奥へ進めません。

町に戻って何かアイテムはないかと店に行ったら、「ミゲルマスク」というボスの名前の入ったアイテムが売られていました。

買って使おうとするとミゲルに変装できるアイテムという説明を受けます。

これで変装して通れってことですね。

でも何でこんなもの売っているの?

 

もう一度ミゲルの砦へ行き、ボスを倒して「ミゲルの水晶」を入手しました。

そして次は隣にあるキサナドの砦に行きます。

中に入るとジェフを復活させるために「ジェフの石」を集めて欲しいと言われます。

ボスを倒し、石を集めるとジェフを見つけました。

話し掛けると「ジェフの石」を使って復活させてくれと頼まれます。

ん?じゃあここで話をしているあなたは誰?

「ジェフの壺」を使うとジェフが復活?して「ジェフの水晶」を渡されます。

・・・復活も何もあんた既に復活していたじゃないの。

話し終わるとジェフは叫びながら消えてしまいます。

どこへ行ったんだろう。

 

 

13日目

ナスガママの町〜パロパの洞窟〜フィナの洞窟〜ドリアンの砦〜アーテラ城

 

ナスガママの町で買い物をするように独り言で指示されますが、町へ行ってもアイテムを買っても独り言は変わりませんので、先へ進んでみることにします。

パロパの洞窟とフィナの洞窟へ行った後、次の地方へ行きます。

次の地方にはドリアンの砦しかありませんでした。

 

ドリアンの洞窟の奥へ進んでいくと敵に寝返ったドールがいて戦闘になります。

ドールは即死魔法を使ってくるので、何度もゲームオーバーになりながらも倒すことができました。

するとドールはすんなりと仲間に戻ってきました。

しかも主人公は今の戦いを”ケンカ”と表現しました。

何度も殺されたというのに、それがケンカ?

 

外へ出ると次の目的地がアーテラ城になりました。

言い方が今までとは違っていますから、いよいよラストですかね。

とりあえず装備を最強と思われるものに変更しておきます。

全員に「ガントレット」「マハルシールド」そして3種類ある「ドラゴンメイル」を装備させ、武器も「ハワードソード」「ミラクルソード」「フルフォース」にします。

 

砦の横にアーテラ城へ行きたいのなら後ろからどうぞと言う人がいます。

最初は意味が分からなかったのですが、どうもその人の後ろにワープゾーンがあるみたいです。

 

ワープして遂にアーテラ城へ。

1階は至る所に罠が仕掛けてあってしかもやたらと広いです。

2階へ行くとこれまた広い。

ここでボス達を倒して「マックの水晶」「ダズの水晶」を入手。

これまでに手に入れた水晶を台座に乗せ、「アレサの封印」を手に入れました。

そしてまたもや広い3階へ。

というところで時間がなくなったので、続きは次回。

 

 

14日目

アーテラ城

 

広いダンジョンに迷いながらも何とかラスボスの部屋らしきところまで行きました。

ここでは敵とエンカウントしますね。

実は私、ゲルボナーラでレベル上げをしていたらレベル99になり、その後、固定敵を倒したら最高値のレベル100まで上がってしまいました。

他の仲間はまだレベル80台だというのに敵と戦えなくなっていたのです。

もう最後なので、ここでレベル上げでもして全員レベルマックスまで上げましょうかね。

 

この後はネタバレになるので、見たい人だけ画面を下にスクロールさせていってください。

 

RPGプレイ日記メニューへ

レトロゲームメニューへ

TOPへ

最終日

アーテラ城〜エンディング

 

ラスボスらしき相手に話し掛けました。

しかしその人はラスボスではありませんでした。

どうりでグラフィックが今までと同じ可愛らしい敵兵だったわけだ。

倒すとラスボスのハワードが出現しました。

でもすぐに戦うのではなく、ザコ敵と連戦が始まります。

途中で数が分からなくなりましたが、2〜30回ほど休む暇なく戦っていきます。

すると突然主人公が弱音を吐きます。

いやいやいや、まだまだ充分余裕があるでしょうに、なに勝手に諦めてるの。

そしてドールが自爆してハワードを吹き飛ばしてしまいました。

早まるなって!

戦ってピンチになってからならともかく、何故に余裕のある状態でこんなことを。

 

ゲームはこれでエンディングになります。

シューティングなら『グラディウス』とかみたいにラスボスと戦わないゲームがありますけど、RPGでこれをやったのは初めてでしたよ。

オープニングで先にスタッフロールを流してしまったので、エンディングにはスタッフロールは無く、かなりあっさりした終わり方でした。

 

ゲームの進行のさせ方やバランスには難がありましたが、結構楽しめました。

白黒ゲームボーイソフトとは思えないほどボリュームもありましたし。

これは続編の方も楽しみです。

 

レトロゲームプレイ日記メニューへ

レトロゲームメニューへ

TOPへ