市販のツールを使ってオリジナルシューティングゲームを制作しました。

ギャラリー、用語解説、制作日誌は2005年12月14日で公開を終了しました。

ゲームの配布は2005年12月28日で終了しました。

 

目次

ゲーム紹介

ストーリー

ステージ紹介

攻撃方法

攻略法

動作環境

反省点

注意事項

 


ゲーム紹介

このゲームはPCエンジンに多大な影響を受けた作者が作成したオリジナル横シューティングゲームです。
各所にPCエンジンシューティングの影響が見えることと思います。

このゲームは弾幕シューではありません。
そっち方向のシューティングしか認めない人はご遠慮ください

攻撃方向が前後に切り替えられる以外は、非常にオーソドックスな(古臭い?)ゲームに仕上がっています。

諸々の理由によりBGMは収録されておりませんが、各自で用意することができます。
用意方法は添付の"manual.txt"を参照してください。

ゲームは全6ステージです。

 

 


ストーリー

宇宙歴26827.06

サイティシア連合国との国境沿いに位置するアルカート帝国第84宇宙基地 通称”ケイレム”

アルカート帝国第84宇宙基地ケイレム

ここのメインコンピュータが突如暴走し、基地内の全ての機器がクルーや住民に対して攻撃を開始した。

この事件は死者800名を越える大惨事となった。

 

アルカート帝国中央司令部は事件の原因を調査する為、第六保安部隊を派遣した。

第六保安部隊 母船キグレウ

暴走開始から三週間経過した現在でも未だにケイレムの暴走は継続しているという・・・

 


ステージ紹介

ステージ1 突入

戦闘機三機編成でケイレムのメインコンピュータへ向かう。
メインコンピュータに直結する脱出用通路は外部からの侵入が不可能なため、通常ゲートから突入する。
ボス 暴徒鎮圧システム ルキア

ステージ2 ケイレム中央区

ケイレムの中枢へ進入した上陸班。
激しくなる攻撃の中、メインコンピュータを目指して進む。
ボス 中枢防衛システム アラク

ステージ3 脱出

メインコンピュータに到着した上陸班は、今回の事件が何者かの破壊工作であることを突き止めた。
しかし、プログラム内に仕掛けられたトラップにより、メインコンピュータがオーバーロードを始めてしまう。
緊急脱出用通路を使い、ケイレムが爆発する前に脱出する。
ボス 緊急通路監視システム クレイル

ステージ4 追跡

上陸班が脱出している間に、外で待機していた母船”キグレウ”はケイレムから飛び立つ認識不明船を発見した。
上陸班回収後、その不審船のワープサインを追跡していく。

ワープサインはグレイオ星雲の中へと向かっていた。
キグレウの防御システムでは星雲内に時折発生しているイオンストームを防ぐことが出来ないため、小型戦闘機で追跡を始めた主人公の前に戦闘機の群れが出現する。
ボス 武装衛星 ティファネシウス

ステージ5 艦隊戦

星雲の奥で発見したもの、それはサイティシアの巡洋艦であった。
サイティシア領域を目指して逃げる巡洋艦を必死に追いかけていく。
そして先回りしていたキグレウと巡洋艦が戦闘を開始する。
ボス ネシーヴソティオ

ステージ6 シャトル

巡洋艦から飛び出してきたのは1機の中型シャトルであった。
その直後、巡洋艦は自爆してしまう。
事件の真相はあのシャトルが握っている。逃がすわけにはいかない。

 


 

攻撃方法

特定の敵を倒すと武器アイテムが出現します。
アイテムを取得すると攻撃方法が変化します。
パワーアップはしません。
ボタンで攻撃方向が前後に切替可能です。

ノーマルショット

連射力の高いショットです。
前方 ノーマル弾を前方に発射します。
後方 後方斜め2方向にノーマル弾を発射します。連射力は前方攻撃より劣ります。

ワイドショット

広範囲に攻撃できます。
前方 前方斜め2方向にワイド弾を発射し、前方にノーマル弾を2発撃ちます。
後方 後方3方向にワイド弾を発射します。
※ワイド弾はノーマル弾の二倍の威力があります。

レーザーショット

攻撃力の高いショットです。
前方 前方へレーザーを撃ちます。
後方 後方へレーザーを撃ちます。
※レーザーはノーマル弾の三倍の威力があります。

 


 

攻略法

このゲームは攻撃方向が前後に切り替えられることからも分かるように、後方から敵が出現することがあります。
知らなければ避けられないような理不尽な出現の仕方はしませんが、それでも画面左端、特に左上や左下には近づかない方が無難です。
通常は画面中央の少し左寄りにいるのが安全です。

一部を除いてボス・中ボスは一定以上ダメージを与えると爆発する前に炎上する演出があります。
その間も当たり判定はありますので、触れないようにしてください。(炎上中も攻撃してくる中ボスもいます)
ボス戦では炎上後攻撃方法を変えて戦闘が再開することもあります。

ボス・中ボスは特定の行動中にダメージを与えても、その行動が終わるまで炎上しない場合があります。
弾を当てていないのに突然炎上することがありますが、これはその前の行動中に一定量のダメージが与えられていたからであって、バグではありません。

以降、各ステージの難所と思われる場面の攻略を書きます。
背景と同色で書きますので、読みたい人だけ文字を反転させて読んでください。

 

ステージ2

後半は狭い通路でミサイルを撃つ敵が前後から現れます。
この敵の配置は規則的なのでパターンは組みやすいと思います。
一つ例をあげておきます。
地形が水平なところにいつまでもいると背後からくる敵に当たってしまうので、直ぐに地形が斜めのところに移動します。
そのとき前方の敵が攻撃を開始していた場合は無理に倒そうとはせずにミサイルに合わせて少しずつ移動していきます。
同時に出てくる他の敵にも注意が必要です。
特に破壊できる弾をばら撒く敵は優先的に倒した方がいいです。

ステージ4

このステージには沙羅曼蛇3面のプロミネンスのような場面があります。(以下エネルギー波と呼びます)
沙羅曼蛇のものほど速度はないのですが、配置に法則性がないので避けにくいかもしれません。
しかしこのエネルギー波は大きさが小さいので天井や床には届きません。
天井か床に近づいていれば、反対側のエネルギー波には気をつけなくてもいいので避けやすくなります。

ステージ5

道中で下から味方の戦艦が出現して、上にいる敵巡洋艦と戦闘をはじめます。
味方戦艦の弾には当たり判定はありませんが、極太レーザーには判定があるので気をつけてください。
また、味方戦艦本体の当たり判定は背景制御の都合上あるところと無いところがあります。
はみ出ることはありませんが、基本的には判定があると思っていてください。

 


動作環境

 

解凍の後は必ず添付の"manual.txt"を読んでください。
起動方法や操作方法が記してあります。

※ゲームをプレイする際、CDドライブにCD−ROM等を挿入しておかないでください。
 再生してしまうことがあります。

動作環境
CPU:ペンティアム90メガヘルツ以上
グラフィックカード:DirectXで、2メガバイトのビデオメモリーを搭載したもの
サウンド:サウンドブラスター互換の音源とPCMを搭載したもの
メモリー:16メガバイト以上
CD-ROM:2倍速以上

推奨環境
CPU:ペンティアム 133メガヘルツ以上、外部キャッシュ256キロバイト以上
グラフィックカード:DirectXにハード対応し、
4メガバイト以上のビデオメモリーを搭載したもの
サウンド:DirectSound対応で、GM音源とPCM搭載のもの
メモリー:32メガバイト以上

 


 

反省点

攻撃方向の切り替えを活かしたシーンを作ることが出来ませんでした。
元々このゲームはパワーアップで後方攻撃が可能になるというシステムで作っていたのを、自由に攻撃方向を変えられるように急遽変更したので、切り替えないと抜けられないような場所や上手く活用して倒すボスといったものを考えていなかったのです。
そこが残念なところです。

 


 

注意事項

他の場所でこのゲームを紹介したり、リンクをはったりするのは自由です。
ただし、はり付け先の迷惑にならないようにご注意願います。

批判意見は構いません。次回作以降に活かせる貴重な情報になります。
全ての意見が反映されるとは限りませんので、あらかじめご了承ください。

このゲームは趣味で作ったフリーゲームです。
過大な期待はしないでください。

本作品をプレイしたことによるいかなる損害についても作者は責任を負いません。

てんかん発作などの症状がある方は医師と相談し、問題があればプレイを控えてください。

 

オリジナルシューティングゲームメニューへ

TOPへ